住まいへ移動

9月1日にアパートに移った。ハーグの中心からトラムで約10分ぐらいのところ。ここは間借りしているので、残念ながら部屋の中はあまりお見せできません。貸し主が海外で働く今年末までの間ここに住みます。ここに来る2日前、貸し主の女性とご両親とお会いし、使い方などを伺った。部屋は3階建ての屋根裏部屋(実質4階部分)で、建物は100年以上は建っているそうです。人生で初めて2階以上に住むことになりました。これまで平屋もしくは1階いにしか住んだことがないので階段というものに慣れていない。それなのにここの家は階段が梯子並みにとても急でうっかり踏み外すと大変なことになりそう。また新たな住まいを年末までに探さないといけないという課題がありますが、とりあえずここを拠点にハーグでの生活を本格的に始めます。

左:屋根裏部屋からの眺めは気持ちいい。周囲に特に高い建物がないので、空が広く見渡すことができる。 右:たまたま家の前でも修繕屋さんが治していた。3階まで組まれたこの高い足場を15分くらいで片付けて帰ってしまう。こうやって100年以上も長く保ち続けているのでしょうね。

部屋の使い方を聞いて一番驚いたのが、給湯器の種火をつけっぱなしにしておくこと。日本だったら考えられません(よね?)。何度も聞きましたがこれがオランダスタイルだ、と。セントラルヒーティングと聞いていたがこれも大きなガスストーブがあるのみ。湯沸かし器と同じ要領で、ちょっと出掛けるぐらいでは消さないらしい。絶対大丈夫だから安心してと言われた。

左:室内にあるガス給湯器。種火はつけっぱなし。 右:リビングにあるガスヒーター。湯沸かし器と同じ要領でつける。9月初旬なのに早速使った。

3日後に日本から送った荷物が届いたが、ブザーが鳴って早く降りないと、とっとと帰られたら困るので慌てて出たら早速ズドドドドっと階段から落ちた。まず一回目〜という感じ。さて年末までに何度やらかすことやら。

左:北方を見ると朝焼けの中をスキポール空港からと思われる飛行機が四方八方に散らばって行く。ほうき星のようで綺麗だ。右:反対側の窓から見た夕日。

One Response to “住まいへ移動”

  1. TAKORA Says:

    階段、気をつけて!
    さっそくそちらの生活を垣間見えて楽しいです。

    ガスヒーターつけっぱなしって、
    国が変われば、事情もかわるなんやねぇ〜。

    体気を付けつつ、楽しい学業生活にして下さい。
    またちょくちょくここも除きに来ます。

Leave a Reply